安全資産なら初心者でも気軽に投資することができる

高倍率が活かせる取引業者

株式

トレードスタイルも考慮

世界にはfx業者が約3,000社存在しており、取引の信頼性やゼロカットの有無、スプレッドやスワップ金利の違いなどがあります。中でもレバレッジの違いはダイレクトに収益やリスクに繋がるため、その良し悪しについて知っておくことが海外fxでは重要です。まず海外fxのレバレッジについての基礎知識として、国内でのfx取引と違ってレバレッジに規制がないため、最大で1,000倍近いレバレッジを設定している海外fx業者も存在します。しかし業者の良し悪しはレバレッジの高さだけで判断するのではなく、自分がやりたいトレードスタイルによって判断することも大切です。トレードスタイルにはスキャルピング・デイトレード・スイングトレードなどがあります。スキャルピングの場合は200倍から1,000倍までのハイレバレッジな取引が良いとされています。デイトレードの場合は100倍から200倍程度、スイングトレードの場合は20倍から50倍程度のレバレッジでも十分です。また海外fxを比較する場合、ロスカット水準についても業者の良し悪しを判断する上で指標になります。基本的にはロスカットがされにくい低水準な業者の方が、余裕を持って取引できるので有利とされています。以上のような理由から、海外fxはレバレッジの高さだけで業者を決めるのではなく、トレードスタイルに応じたレバレッジを運用ができ、ロスカット水準が低めの所を選ぶのが理想的です。